会社案内
ホーム > 会社案内 > 会社概要

会社概要

JFEアドバンテック株式会社は、1944年の設立以来、計量器・計測器を通して産業と暮らしを見つめ、社会に役立つレベル計や振動計等を製造してまいりました。
当社をより深くご理解いただくために、詳細と歩みを掲載しています。ぜひご覧ください。

概要

名称(商号) JFEアドバンテック株式会社
[英文名称:JFE Advantech Co., Ltd.]
創立 1973年(昭和48年)11月14日
川崎製鉄株式会社(現JFEスチール株式会社)より分離独立
資本金 3億1,950万円(JFEスチール株式会社 100%)
代表者 代表取締役社長 吉居 卓也
所在地 〒663-8202 兵庫県西宮市高畑町3番48号
TEL:0798-66-1501
所在地地図
社員数 約290名
売上高 年商約60億円
許可・登録 特定建設業: 国土交通大臣許可 (特-24) 第22426号
土木工事業、電気工事業
  一般建設業: 国土交通大臣許可 (般-24) 第22426号
機械器具設置工事業
  指定製造事業者: 質量計

指定製造事業者

当社本社工場は平成8年4月15日付で計量法第90条に基づく指定製造事業者に指定されています。
《指定番号:022802号》

「指定製造事業者とは」
品質管理が優れている製造事業所は申請により経済産業大臣から指定製造事業者に認定されます。指定製造事業者が一定の基準に基づき検査し合格した計量器は検定に合格したものと同等とみなされ、検定が免除されます。

[参考ページ]
兵庫県HP 正確な特定計量器等の供給(外部リンク)

取扱製品および業務内容

水環境事業 投込圧力式水位計、複合散乱光式汚泥濃度計、光学式溶存酸素計
電磁式流速・ 流向計、面速式超音波流量計 、せき式流量計
海洋・河川事業 CTD、総合水質計、塩分計、DO 計、クロロフィル計、濁度計、電磁流速計
ドップラー流速計、河川用超音波流量計(ATENAS流量観測システム)
計測診断事業 オンライン設備診断システム、設備診断機器、振動計、絶縁劣化診断装置
コロナ放電チェッカー、ハンディー硬さ計、超音波厚さ計、ケーブル診断装置
超音波式パイプ肉厚・外径測定装置
計量事業 計量システム、ロードセル、トラックスケール、クレーンスケール、ベルトウエヤ
コンスタントフィーダ、特殊計量器

沿革

1944年4月 川崎重工業株式会社製鋼工場(兵庫)高松分工場で秤量機の製作を開始
1949年4月 川崎重工業株式会社にて熱管理計器の製作を開始
1950年8月 川崎重工業株式会社から製鉄部門が分離独立し、川崎製鉄株式会社を設立。川崎重工業株式会社より熱管理計器製造部門を引き継ぎ、葺合工場で計器の製作を開始
1951年10月 葺合工場の計器部門と兵庫工場の秤量機部門を統合し、
神戸市葺合区に計量器工場を設置
1960年10月 計量器工場を兵庫県西宮市高畑町3番48号に移転
1973年11月 川崎製鉄株式会社から計量器工場が分離独立し、川鉄計量器株式会社を設立
1977年11月 福岡営業所を開設
1986年11月 名古屋営業所を開設
1988年1月 社名を川鉄アドバンテック株式会社に変更
1992年2月 仙台営業所を開設
1994年6月 岡山営業所を開設
1995年8月 ISO9001(品質マネジメントシステム)認証取得
1996年4月 計量法による指定製造事業者取得
2000年4月 事業部制導入
2000年8月 東日本および西日本サービスセンターを開設
2003年4月 JFEグループが発足、当社はJFEスチール株式会社のグループ会社となる
2004年4月 社名をJFEアドバンテック株式会社に変更
2006年7月 東京支店を東京支社に、各営業所を支店に組織変更
2007年9月 東京支社を東京本社に組織変更、所在地を東京都台東区蔵前に移転
2008年9月 アレック電子株式会社の経営権を取得、JFEアレック株式会社に社名変更
2010年4月 JFEアドバンテック株式会社とJFEアレック株式会社は事業統合し、
新会社:JFEアドバンテック株式会社が発足
2012年4月 商品企画開発部とIT総括部を本社工場から独立させ、商品技術開発センターに改組
会社案内

ページの先頭へ